スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2019.08.02 Friday | - | - |
 額縁
額縁

額縁第二弾です。
| 2019.06.01 Saturday | | - |
 麦秋至る
書
| 2019.06.01 Saturday | | - |
 今日の空
空
| 2019.06.01 Saturday | 日記 | - |
 グリーティングカード
暑中見舞い

暑中見舞い

暑中見舞いにどうぞ。
| 2019.06.01 Saturday | | - |
 今日の空
空
| 2019.06.01 Saturday | 日記 | - |
 お刺身
お刺身

ごちそうさまでした。(刺身は鮮度がいのち…厳しいです)
| 2019.06.01 Saturday | | - |
 シーフードカレー
カレー

何気に初めて作った、ごちそうさまでした。
| 2019.06.02 Sunday | | - |
 今日の空
空

目標設定は変えられるけど一万歩歩くと目標達成…ブルルルとなったり、30分座り続けるとブルルル…長座注意と出てスパルタ感ある。
| 2019.06.03 Monday | 日記 | - |
 そうめん
そうめん

もうお金かけたくないし簡単そうめん。ごちそうさまでした。
| 2019.06.03 Monday | | - |
 今日の空
空
| 2019.06.04 Tuesday | 日記 | - |
 かぞくのじかん
| 2019.06.05 Wednesday | | - |
 what i am〜未来の私へ〜
とてもよかったです。
| 2019.06.05 Wednesday | 音・DVD | - |
 今日の空
空
| 2019.06.05 Wednesday | 日記 | - |
 唐揚げ
唐揚げ

ごちそうさまでした。
| 2019.06.05 Wednesday | | - |
 今日の空
空
| 2019.06.06 Thursday | 日記 | - |
 運動会
運動会

こういう写真が残っているけど…(こっち向いているのが自分)赤組さん。赤組青組黄組と年齢で色分けされていた。玉入れの出番待ちなんだろう。

運動会

The遠くからジャンプ投げ…昔は保育園落ちるなんてこと多分あまりなかっただろうし、過ごしやすい気候の中運動会もできて皆生きやすかったのになとか。(この運動会でも毎回小学生の頃も場所取りしてくれていたおばあちゃんが別アングルの時に写っていてほっこりしました)

子どもの頃は本当に歩行者を優先しない車なんてまずいなかったですし…。ちゃんと止まるべき場所で止まるしちゃんと歩行者と距離を置いて速度落とすとか、当たり前だけど歩行者がいたら歩行者が先に行ってからとか。そりゃそんなことしなくなったら事故だって何倍も起こるのはわかりきっている。

子ども大人関係ないけど人の横とか猛スピードで走ってる車を運転する人の神経まじで疑う。人の車に乗っても歩行者がいるから止まれよ的にわたしの場合運転手と言い合いになるんですよね…(車を止めて説教かますわけではなく同乗者に対してなんども注意して嫌気がさしてくる)。全員運転する人が歩行者無視してたらいつまで経っても歩行者が渡れないんだよ…。渡るとしてもビュンビュン走ってる車の合間をぬって渡るを毎回やるんだから歩行者にしてみたらすげぇ消耗するし、危ないんだよ。

そのうち自分が運転できなくなって自身が歩行者になるまでずっと気づかないのだろか?その頃になったら瞬発力なくていざという時に走ることすらできないだろうしどんなに危険なのか最後にそこまでいかないと気づかないのだろうか…愚かだなと思う。よく歩いていると歩行者の存在を普段無視しているんだろう、普通に横断歩道歩いているんだけど車運転してる人が叫んでるんですよね。停止線とかそういう時のためにちゃんと意味があって定められているはずなのに無視する方が悪いというか頭がおかしいと思うけれど。車は急に止まれないなら止まるべき場所でちゃんと止まらないといけないんだよ。

信号のない横断歩道とかも歩行者にとっては渡るすべがなくて必要性があって作られているんだから車は歩行者がいたら止まるとか、ルールは守らないとずっと渡れないとかそのうち強引に渡りだすお年寄りとかもいるし、なんでそういう困っている状況を全く想像せずに車(車に乗っている時点で楽だし優位者)の人の都合ばっかなのかねと思う。だから車をめっちゃ飛ばす人も嫌い。車乗ってる時点でそんな無駄にスピードあげて急ぐ必要ないだろうと思う派。

ドラマのデート〜恋とはどんなものかしら〜の依子さんとおんなじことしそうなメンタル。時速30なら守るみたいな。時速30でも1時間で30km行けるんだからそれ以上急ぐ必要あるのかよくわからない。一旦停止しない車にひかれて救急車呼ばれてるからネズミ捕りも意味あると思いますよね。ネズミ捕りされないでいると同じようなルールを守れないグダグダな運転をし続けるからかなり意味はあるんですよね。車なんて最近できたもので過去の人は車のようにスピードが出るものがなくても生活していたのにその上スピードを出すとか歩行者を無視するとかはやりすぎ。
| 2019.06.07 Friday | 日記 | - |
 今日の空
空

今日鯖の味噌煮作ったんだけど、スーパーの魚売り場でわたしもずっといたわけじゃないけど「ここの魚食べて骨が喉に刺さって病院に行った」と魚売り場で働いている人に話しかけている人がいて、クレーマー?働いている人めっちゃ可哀想…冷静に考えれば、どんだけお客様根性なんだというか、魚の骨全部とって売るなんて労力かけられないしコストもその分かかるし骨取るのに人が触るんだからその分痛んで安全じゃなくなる。食中毒。骨をよけられないなら食うなやとしか…という話なんですよね…。いい歳した大人なのに子どものように駄々をこねだすみたいなのすごくみっともないし。
| 2019.06.07 Friday | 日記 | - |
 焼きそば
焼きそば

大家族の番組でサッポロラーメンみたいなのにモヤシを入れてカサ増しするというのやってみたら結構美味しかった。焼きそばも麺も安いしモヤシカサ増しでもありなんだろうなと。
| 2019.06.08 Saturday | | - |
 今日の空
空
| 2019.06.08 Saturday | 日記 | - |
 花の絵
花

休憩したらやろう。

花

コツが掴めないし進まない…(完成図の更新はしません)
| 2019.06.09 Sunday | | - |
 ダイソー 300円
ご飯炊き

ダイソーでレンジでご飯を炊くやつ買いました。色の表記がなかったのでブラックだろうなと思って中身を見てなかったんだけどホワイトに近いベージュでした。こういう商品が出ているということ随分前に知っていたんだけどすぐには全国に出まわらないみたいですね。
| 2019.06.10 Monday | | - |
 リアル猫ポーチ
ポーチ

ダイソーの。完全に衝動買い。使い道は特にない。100円商品。
| 2019.06.10 Monday | 小物・文具 | - |
 今日の空
空
| 2019.06.10 Monday | 日記 | - |
 今日の空
空

今日は、疲れた、遅れ続ける電車いつまでも…。アイスを2個食ってしまった。アイスは全く関係なく疲れすぎ頭がガンガンする。
| 2019.06.11 Tuesday | 日記 | - |
 6月の畑
畑
6月の畑が一番瑞々しく綺麗だと感じていました。

アンデス
じゃがいも アンデス

ナス
ナス

南瓜
南瓜

里芋
里芋
| 2019.06.12 Wednesday | 植物 | - |
 カツ
カツ

ごちそうさまでした。

この前のレンジでご飯炊き、使ってみたのですがうちのレンジだと、時間の分で設定できないのでアチャーという感じと止まるたびに動かしまくったところ、水だけではなくコメまで吹きこぼれてしまった。固めの仕上がりですが、柔らかめより意外と噛んだら甘みが増すので美味しかったりはします。
| 2019.06.12 Wednesday | | - |
 腐草蛍と為る
書
| 2019.06.13 Thursday | | - |
 今日の空
空

料理手伝っててもわたしの技術では親に「やっているうちに入らない」絵が親の好みではないことで「まだ描きかけでしょ?(笑)」とか言われ続けて褒められたことが皆無の子ども時代だったのにここへ来て「美味しい餃子が作れるから」と褒めだした…固まるというか、なんの思惑が入っているのかわからないので怖い。今更言われても……と嬉しい気持ちにならない自分。怖い。

と思ったら違う日には身につけている衣類や帽子、太っただのディスってくる。だからそういう人を下に見るような態度が全員離れていく原因なのだろうに。現実的にわたしは細かったしまだ細くみられるけど、若い頃から親の方が肥えてた。太っていた人ほど人の容姿貶める率高い気がするけど一体この現象何なの?自分のことを棚におあげになって。人のこと言えないだろうに人には言う頭。
| 2019.06.13 Thursday | 日記 | - |
 そうめん
そうめん

ごちそうさまでした。
| 2019.06.13 Thursday | | - |
 結婚と家族のこれから
こんなに閉じた社会が未だかつてあったろうかというか、なんとなく直感で結婚して子どもを持ったら苦しいことはわかるので今まで避けてきたけど、当たり前なんだけど、お母さんとお父さんで子どもを育てるのが基本というのが、わたしにとっては普通とは思えないことだった。昔は村の子的に適当に大らかに誰の子だから誰が育てるとかなく大まかに育っていたのだろうし、血にこだわるとどんどん狭く狭く、おかしくなる。

この社会のシステムの中で、自分の子の養育費すら払う気がないというのは、今度はそういう貧しく苦しい子どもが味わったような人生を自分がやるというのはスピリチュアリズムなのだろうなとか。お金がないと食っていけないけど、お金だけでも多分子どもは心が育たないんだけど、自分が親の献身を受けて育てられた過去があるから今無事に生きていること、子どもがいる時点で、受ける側から与える側になっていることを考えたり振り返ることすらできないのだろうか…。
| 2019.06.14 Friday | | - |
<new | top | old>